AGAクリニックの激戦区「梅田」。その頂点をいざ決めん!
HOME >  AGA進行を防ぐために

AGA進行を防ぐために

AGA歴6年の私カテゴリ1の「大阪で評判のAGAクリニック」、カテゴリ2の「代表的なAGA治療法」は参考になりましたでしょうか?

続いては、「AGA進行を防ぐために」についてお話していきます。

現在AGAでお悩みの方、「将来、AGAになるかも…」と心配されている方、どちらにもお役に立つ情報ばかりですので、ぜひご覧頂ければと思います。
具体的にお教えしていく内容は、以下の通りです。

「薄毛が気になる」
「最近髪の毛が薄くなってきた気がする…」
「周りから髪の毛が薄くなってきたことをからかわれた…」
「朝起きたときの枕に抜け毛が大量に付いていることが増えた…」

今薄毛になっている人はもちろん、家系が薄毛の人も「将来薄毛になってしまうのでは…?」と不安な思いを抱えている人も多いでしょう。「薄毛は個性!」と言われても本人がコンプレックスに思っている限り、そうした言葉を受け止めるのは中々難しいですよね。ただ、そのまま漠然と不安を抱えているだけでは薄毛を改善することはできません。まずは、自分がどうして薄毛になっているのか、その原因を知ることが大切です。

「主な原因を知る」
遺伝や不規則な生活、ストレス、男性ホルモンの異常など、AGAにはいろいろな原因があります。こういった原因・メカニズムを知ることは、治療に対する意識を高める上でも有効なので、知識として身に付けて頂ければと思います。

また、自分が薄毛になっている原因を把握することで、適切な治療法を選択することが可能です。例えば、AGAで薄毛になっているにも関わらず円形脱毛症の治療を行なっても効果は現れません。逆に、精神的な原因で円形脱毛症になっている人にAGA用の治療をしてもあまり効果は望めないでしょう。このように、薄毛の原因を知ることは、そのままベストな治療法の選択へと繋がっているのです。

もし、現在薄毛に悩んでいるにも関わらずその原因を把握できていない人は、薄毛の原因を明確にすることが治療の近道です。

「自分でできる予防法を知る」
クリニックでの治療が、最も有効な対策になりますが、自分でできるAGA対策もたくさんあります。ここで紹介するのは、食生活の改善、足湯、頭皮マッサージなどです。これらは、すぐに実行できることですので、思い立ったら行動に移してみてください。治療に任せるのではなく、生活を根本から変えていくことが、AGAの根本の解決に繋がりますから。

「頭皮にこんな症状が出たら病院へ」
薄毛には、自分である程度対処できるものとそうでないものがあります。もし、以下の4つの症状が現れた場合には自分で対応できない場合があるので、病院を受信することをお勧めします。

  1. かゆみ…多少のかゆみは大丈夫ですが、極度のかゆみは何らかの炎症を起こしている可能性があるでしょう。
  2. フケ…肌が生まれ変わっている証ではあるものの、過度にフケがでる場合は要注意です。
  3. あかみ…あかみは頭皮の皮膚疾患を知らせてくれる代表的なサインです。
  4. 脂性や髪のべとつき…頭皮や髪の脂が過剰に分泌されると皮膚トラブルの原因になってしまいます。

この4項目の詳しい解説は、「頭皮トラブルを解消する」からご覧ください。また、こうした「明らかな異常」がない場合でも、「将来薄毛になってしまうのでは?」という不安をカウンセリングで相談してみるのもよいでしょう。

「よくあるQ&A」
AGAについてよく寄せられる疑問をいくつか集め、それぞれに対してリサーチを行い、回答していきます。質問の内容は、脱毛の進行パターンから治療期間まで、バラエティに富んでいます。

「こんなことで悩んでいるのは自分だけでは?」と思っている人にも、自分と同じ悩みを抱えている人はいるはずです。こうしたQ&Aを読むことによって、「薄毛で悩んでいるのは自分だけじゃないんだ」という安心感も得ることができるでしょう。

あなたが知りたいことは必ずあるかと思われますので、ぜひ目を通して頂ければと思います。