AGAクリニックの激戦区「梅田」。その頂点をいざ決めん!
HOME >  自分のAGAの進行度を知り対策をとる

自分のAGAの進行度を知り対策をとる

AGAとは「男性型脱毛症」のことです。近年AGAを専門に治療するクリニックも増えており、病院で受診をすることも一般的になってきました。AGAの進行度合いにより選択できる対策は異なります。いい結果を導くためにも、AGAにしっかりと向き合ってみましょう。

AGAとは?50代では半数近くがAGA

AGAは「男性型脱毛症」のことで、主に成人男性に見られる進行性の薄毛のことを指します。思春期以降に始まり、徐々に進行。20代で約10%、30代で約20%、40代で約30%、50代以上では40%以上と、数値からも年齢とともに発症例が多くなっていることが読み取れます。発症の頻度は全年齢平均で約30%。3割の男性が男性型脱毛症で悩んでいるのです。

AGAの原因はさまざま取り上げられていますが、遺伝的な影響が認められています。男性ホルモンが影響していると考えられており、その男性ホルモンの働きは遺伝的要素が大きいとされているからです。男性ホルモンの働きを受けた毛包は、ヒゲや胸などでは成長期が延長し、逆に前頭部や頭頂部では髪の毛を新たに生み出す毛母細胞の活動が抑制されます。その結果、前頭部や頭頂部からAGAが進行することになるのです。その他、睡眠不足や食生活の乱れ、ストレス、お酒やたばこも抜け毛の原因になります。刺激の強いシャンプーや高温のドライヤー、パーマやカラーリングもダメージを与えるので、髪や頭皮に良くありません。

AGAは生理的な現象ではありますが、外見上の変化が大きいため精神的に大きな影響があります。AGAの症状を見極め、適切な対応や治療法を選ぶことが大切になります。

AGAは7段階で進行度合いを分類

AGAの進行状況は「ハミルトン・ノーウッド分類」や、それに日本人に多く見られる頭頂部からの薄毛を加味した「高島分類」により説明されます。どちらも生え際に薄毛が見られるが見た目に問題のない第1段階から、髪全体のボリュームが減り始める第2段階、AGAの特徴がしっかりと現れる第3段階、前頭部・頭頂部とも頭皮が見える範囲が広くなる第4段階、前頭部と後頭部の進行がつながる第5段階、前頭部から後頭部にかけて頭髪がなくなる第6段階、さらに頭皮が見える面積が広くなる第7段階と、7つステージに分類していています。

AGAがどの程度進行しているかは、皮膚科またはAGAや脱毛の専門クリニックで検査を受けることができます。検査内容は血液検査等で遺伝子を調べる「遺伝子検査」と、頭皮の状況を拡大鏡などを使って診断する「視診」の大きく2種類があります。

「遺伝子検査」は血液等からDNAを抽出し、生まれつきAGAになりやすいかを調べていく検査です。DNAにAGAの人に見られる特徴がある場合、AGAになる可能性が高いとされますが、必ず発症するわけではありません。あくまでも可能性があるかどうかを調べる検査であると言えます。また、薬の効きやすさも調べることができます。

「視診」は、額の生え際がどの程度後退しているか、前頭部や頭頂部の髪の毛が細くなったり短くなったりしていないかを見て確認する検査です。その際拡大鏡を用いて毛根周辺の色素沈着や皮脂詰まりなどの頭皮の状況も調べる手法が推奨されています。

これらの検査と同時に行なわれ、診断の確定に重要なのが「問診」です。家族の状況や脱毛の経緯を聞き、疾患による脱毛などの可能性を除外して検査結果と合わせてAGAを診断します。

薬から毛根の移植まで。AGAの治療法

AGAの治療として、日本皮膚科学会が発表した「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年度版)」によると、もっとも推奨されるのはフィナステリドの内服でした。フィナステリドとは「プロペシア」として知られる内服薬で、世界的に効果が認められている薬です。男性ホルモンを抑制する働きがあり、AGAの進行を妨げる効果があります。副作用が少なく国内でも入手が容易で、内服を継続すれば68~78%で改善傾向が見られました。しかし、服用をやめると効果がなくなるので継続的な服用が必要で、費用がかかる問題点があります。ハミルトン・ノーウッド分類の第5段階程度まで効果が認められますが、早い段階の方が発毛の確率は上がるようです。

次に推奨されているのが「ミノキシジル」の外用です。高血圧薬として服用されていましたが、多毛の副作用がありAGAの外用薬として開発されました。ミノキシジルはFDA(米国の厚生労働省に当たる)が世界で初めて認可した育毛剤です。国内の症例でも優良な根拠があり、重篤な副作用も報告されていません。日本ではミノキシジルを配合した医療用の医薬品は発売されておらず、一般用医薬品として薬局やドラッグストアで発売されています。

その他の治療方法として、自毛の植毛があります。フィナステリドやミノキシジルで十分な効果が見られなかった場合に検討される治療法で、後頭部や側頭部の毛根組織を脱毛部分に移植する治療法です。拒絶反応が起こりにくく、経験と技術が十分な医師が行なう場合には推奨できる治療法です。頭皮や体へのダメージは比較的少なく、82.5%の定着率があったとする研究もありました。全世界で年間22万件以上の実施例が報告されています。

日本皮膚科学会では医薬部外品や化粧品としての育毛剤も、初期のAGAであれば抜け毛の数が優位に減少した症例もあるので、副作用も軽く推奨できるとしています。

AGA進行を予防しよう

治療法は市販の育毛剤からフィナステリドの内服、ミノキシジルの外用、自毛植毛などがありますが、どれもAGAの進行段階が早期であるほど効果が期待できます。AGAの進行が第6段階に達すると医薬品での改善は困難になり、自毛の植毛として採取できる毛根も少なくなってしまいます。つまり、AGAが進行するほど選択できる治療法も限られてしまうのです。AGAに対して対策を取りたいと考える場合には、早期の段階で治療を開始することが大切になります。特に頭頂部から進行するタイプの場合気づくのが遅くなりがちです。AGAになりやすいタイプかどうか、若いうちに検査をしておくのもいいでしょう。

また、AGAの進行を予防することも大切です。髪の毛や頭皮にとってダメージとなることは避ける、生活習慣を整える、などを心がけるだけでAGAの進行を抑えることができます。特にシャンプーや睡眠・食事は毎日のことなので、質の良さが影響します。シャンプーでは、頭皮の汚れをしっかり落とすことは大切ですが、洗浄力が強すぎる物も良くありません。頭皮に必要な油分まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥が進んでしまうからです。

頭皮の血行を良くし、毛根の働きが活性化するようなシャンプーを選んだり、頭皮のマッサージをするのも効果的です。髪の毛の成分になるタンパク質を積極的に摂取したり、ビタミンやミネラルもバランス良く取る必要があります。サプリメントで足りない栄養を補うのも良いでしょう。

大阪のAGAクリニックの選び方

AGAの可能性に思い至ったら、早期に対策を始めるのが効果的です。自宅でのセルフケアだけでなく、病院で受診をし適切な治療を始めることも検討しましょう。
大阪はAGA治療の激戦区と言われ、AGAを診療する皮膚科や専門のクリニックの数が多い場所です。AGAの進行度合いと各クリニックの特性を比較検討し、自分にもっとも合ったクリニックを見つけることが大切です。

初期の段階では主に薬での治療となります。一般的な治療薬であるフィナステリドは保険の効かない自由診療での処方であり、継続が必要な薬です。薬価をあらかじめ明示しているクリニックもあるので比較することができます。また、抜け毛を減らしたいのか、発毛を希望するのかでも得意とするクリニックは違います。クリニックごとに生活改善の指導やカウンセリング、オリジナルの育毛治療をしている所もあるので、ホームページなどで確認をしてみましょう。

自毛の移植を希望する場合は、クリニックの移植実績が指標となります。実績を積み、施術の技術が信頼できる医師のいるクリニックを選びましょう。外科手術の一種なので、痛みや出血を伴う可能性があります。術法やリスクなど納得いくまで丁寧に説明をしてくれるかが、クリニック選びのひとつの判断基準となるでしょう。

まとめ

AGAの対策に必要なことは、まず自分の進行度合いを正しく把握することでした。進行度合いによって選択できる治療や対策が異なります。その上でセルフケアをするのか、病院へ行くのか。病院に行く場合は薬で治療をするのか自毛移植を行うのかを選択していきましょう。