AGAクリニックの激戦区「梅田」。その頂点をいざ決めん!
HOME >  AGA進行を防ぐために >  頭皮トラブルを解消する

頭皮トラブルを解消する

AGAを促進してしまう頭皮トラブルやその原因などを解説していきます。

自分の状態を知って、進行を防ぐ参考にしてください。

AGAが顕著になる前に頭皮トラブルを解消しておく

AGAの大きな原因は、男性ホルモンの影響や遺伝子にあるという研究結果がでています。

また、ヘアサイクルの乱れ、頭皮のトラブル、生活習慣、ストレスも大きな影響があるそうです。

「だんだんと額が後退してきた」「頭頂部が薄くなる」、などいった症状と直面したくはありませんよね。

であれば、AGAの症状が顕著になる前から、頭皮トラブルを解消しておくことをオススメします。

小さな異常でも気づかず放置しておけばやがて髪に悪影響を及ぼし、AGAへと進行していってしまいます。

また、頭皮に異常や頭皮にダメージを与えてしまうような悪癖があったら要注意。

ただちに適切な対処をしましょう。

かゆみ・フケ・あかみ・髪のべとつきはAGAの危険信号?

次に、いくつかAGAを促進する危険性がある頭皮の状態や生活環境を紹介します。

自分のAGA危険信号を察知して進行を防ぎましょう。

  • 危険信号1:かゆみ
    「頭皮のかゆみ」は、誰もが一度は経験したことのある頭皮トラブルではないでしょうか?そして、掻いてはいけないとは分かっていても「ついつい掻きむしってしまい頭皮を傷つけてしまった」。といった経験も一度くらいあるのでは…。頭皮の傷をあなどっていると、かぶれたり炎症をなどに繋がり、AGAへ進行してしまいうことが考えられます。頭皮のかゆみを感じたら、低刺激のシャンプーで指のはらを使い洗髪するなどデリケートな対応でAGAの促進を防ぎましょう。
  • 危険信号2:フケ
    フケをそのまま放置しておくと、抜け毛の原因となることもあるようです。通常のフケは頭皮の新陳代謝が活発になり、古い角質がはがれ落ちたもので大きな問題はありません。ただ、異常に量が多かったり頭皮に紅斑があったりする場合は、脂漏性皮膚炎を起こしている可能性があります。炎症で頭皮を傷つけしまうと、髪の成長を妨げてしまうことがあります。
  • 危険信号3:あかみ
    頭皮にあかみを発見したら皮膚疾患の兆しと捉えて、早めのケアを心がけましょう。軽く考えていると、脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患病に繋がってしまう恐れもあります。症状が悪化すると抜毛、薄毛を引き起こすことになりAGAを促進させてしまうことに。あかみの原因は皮脂分泌が過剰で毛穴が炎症したり、洗浄力の強いシャンプーの影響などが考えられます。頭皮に優しいケアでAGA予防に繋げましょう。
  • 危険信号4:脂性や髪のべとつき
    皮脂は、AGAの最も大きな原因と考えられる男性ホルモンの影響を受け皮脂腺から分泌されます。ですから脂性の人はAGAになり易いとも聞きますが、確実な研究結果がでているわけではありません。ただ、頭皮を清潔に保たなければ脂漏性皮膚炎にもなり易く、AGAに繋がる可能性は高いでしょう。

また頭皮トラブルは、強い紫外線や季節の変化にも影響をされます。

自分で毛を抜いてしまう抜毛症(脱毛症)といった悪癖を持つ人もいるようです。

「ヘルメットを日常的に長い時間着用しているとAGAになりやすい?」。と心配される方もいますが、確実ではありません。ただ、頭皮が汗でむれてカビが繁殖し毛穴に炎症が起こりAGAに繋がりやすい環境ではあります。シャンプーをしっかり行い清潔にしておいてください。

他にも頭皮トラブルを引き起こす原因はいろいろ考えられますが、ふだんから頭皮の状態に敏感になりケアしておくことが肝心でしょう。