AGAクリニックの激戦区「梅田」。その頂点をいざ決めん!
HOME >  AGA検査を大阪で受けるには?

AGA検査を大阪で受けるには?

薄毛にお悩みの方の中には、AGA(男性型脱毛症)を疑っている方がいるかもしれませんね。心配な方にはAGA検査を受けることをおススメします。興味のある方に向けて、AGA検査の概要と費用などを解説します。併せて、大阪でAGA検査を受ける方法も紹介します。

AGA検査とは?

AGA検査は、「拡大鏡を用いた頭皮の検査」と「遺伝子検査」に分かれます。それぞれ特徴が異なるので、AGA検査が気になる方は2つの検査の概要を理解しておきましょう。

拡大鏡を用いた頭皮の検査

多くのAGAクリニックが行っているAGA検査が「拡大鏡を用いた頭皮の検査」です。この検査では、医師が拡大鏡を用いて頭皮や毛の状態を検査します。これにより、毛の密度・毛の太さ・毛穴の状態・頭皮の状態などを確認し、「薄毛の原因」「薄毛の原因がAGAである場合、AGAの進行状況」などを診断します。さらに、治療方法を選択する手掛かりとします。(※AGAに明確な診断基準はありません。毛や頭皮の状態、家族歴、生活習慣などから診断します。)

遺伝子検査

AGA専門クリニックなどを中心に行われているのが遺伝子検査です。遺伝子検査は、血液や毛包、粘膜などを採取して調べることなどで行います。遺伝子検査の目的は、AGAを発症しやすい体質か調べることです。

AGAの原因は、5αリダクターゼという酵素によりテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されることで、ジヒドロテストステロンが頭皮のアンドロゲンレセプターと結びつくことにより脱毛が起こると考えられています。5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があります。AGAには、主にⅡ型が関わっていると考えられていますが、体質によってⅠ型が関わっていることもあります。遺伝子検査では、5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型とアンドロゲンレセプターの発現強度を調べることでAGAを発症しやすい体質かどうかが分かります。

また、遺伝子検査により体質に合っている治療薬も分かります。AGA治療に幅広く用いられている治療薬がプロペシアとザガーロです。プロペシアは5αリダクターゼⅡ型を阻害することで、ザガーロは5αリダクターゼⅠ型とⅡ型を阻害することで脱毛を防ぎます。AGAに5αリダクターゼⅡ型が関与していると考えられる場合はプロペシアが、5αリダクターゼⅠ型とⅡ型が関与していると考えられる場合はザガーロが適していると診断できます。

AGAの遺伝子検査で分かるのは、AGAを発症しやすい体質であるかどうかです。AGAを発症しやすい体質だからといって、必ずAGAを発症するわけではありません(遺伝子検査でどの程度の確率でAGAを発症するかなども分かりません)。AGAの発症には遺伝以外の要素も関わっていると考えられているからです。遺伝子検査を受けるときは、あくまでも「AGAを発症しやすい体質かどうかを調べる検査」であることを理解しておくことが重要です。

AGA検査の費用は?

AGA検査が気になる方は、大阪で受けた場合の費用も気になるはずです。一般的なクリニックを利用した場合、拡大鏡を用いた頭皮の検査の費用は数千円程度(問診+視診)、遺伝子検査の費用は2万円程度かかることが多いようです。大阪でAGA検査、特に遺伝子検査を受けたい方は、AGA専門のクリニックを利用すると良いでしょう。興味のある方は無料カウンセリングなどで相談してください。