AGAクリニックの激戦区「大阪」。その頂点をいざ決めん!
HOME >  代表的なAGA治療法 >  ミノキシジルの服用

ミノキシジルの服用

ここでは、代表的なAGA治療法である「ミノキシジル」の服用についてお教えしていきます。

概要とAGAに対する効果

ミノキシジルは、世界的な製薬会社であるアメリカの「ファルマシア・アップジョン社」が開発した育毛剤です。
最初は高血圧の経口薬として用いられていましたが、副作用で多毛症になる患者が多かったことがヒントとなり、育毛剤の用途として開発が進められることに。
結果、ミノキシジルは米国のFDA(日本の厚生労働省みたいな機関)に世界で初めて正式に認可された育毛剤となりました。

ミノキシジルは、頭頂部の薄毛には多大な効果を発揮しますが、生え際やM字の薄毛には期待できません。ですから、プロぺシアと併用することで、頭部全体をカバーしていくのがベストでしょう。現在、FDAが認可している育毛剤は、ミノキシジルとプロペシアの2つだけです。

服用する際の注意点

プロペシアの副作用は軽微なものですが、ミノキシジルの副作用は強力です。
最も多いのが頭皮のかゆみ。次いで、発疹やかぶれといった炎症などです。

さらにミノキシジルは、本来高血圧用の治療薬であるため、使用することで低血圧になる可能性も。他にも、日中の眠気や頭痛、性欲減退、体重の増加、むくみなど、心臓や血管に関係した副作用が確認されていますので、服用する際には医師からの注意点を守る必要があります。

入手方法

日本では、ミノキシジルを1%のみ含有した「リアップ」が市場に発売されています。
こちらは、日本皮膚科学会が発表した薄毛治療の5段階評価では、最高ランクのAを獲得。

この商品は、日本産で唯一のミノキシジル製剤ではあるものの、濃度が低いため、より高い濃度を持つロゲイン(5%)への注目が集まりつつあるのが現状。ただ、ロゲインはアメリカの育毛剤であるため、個人輸入代行業者を通してしか入手できません。

大阪の人気AGAクリニック比較しました≫≫