AGAクリニックの激戦区「大阪」。その頂点をいざ決めん!
HOME >  代表的なAGA治療法 >  その他のAGA治療法

その他のAGA治療法

ここでは、代表的とされているAGA治療法とは別に、効果的とされている治療方法を紹介します。

自分に合ったAGA治療法を

代表的な治療法である「プロペシア」・「ミノキシジル」の服用や「自毛植毛」。これらを受けたとしても、自分には合わない可能性は十分に考えられます。

選択の幅を広めるためにも他の方法を知り、内容・期間・予算などから自分に合った治療法を探しましょう。ただし、一般的ではないという点で治療可能なクリニックは限られますので事前の調査は必須です。

ヘアジニアス・プログラム(オーダーメイド処方)

プロペシアによるAGA治療は脱毛進行を遅らせることであり、発毛する効果はありません。
しかし「ヘアジニアス・プログラム」の目的は発毛です。患者の脱毛症状や原因・頭皮・健康状態に合わせた「オーダーメイド処方」や、専用ダーマーローラーや注射による頭皮治療もあわせて併せておこなうため、症例に合った治療が可能です。
通院頻度や費用が高い面はありますが、発毛を目的とし、患者に合ったきめ細かい治療法をおこなうため安心です。

AGAメソセラピー

現在、もっとも有効な薄毛対策として全世界で注目を集めているのが「AGAメソセラピー」です。
注射器を使い頭皮に薬剤を直接注入するこの方法は、栄養成分による育毛の促進や細胞レベルの活性をうながすため、発毛にも育毛にも効果があるとされています。
頭皮への注射なので多少の痛みを伴いますが、注入法によっては痛みを抑えることも可能。効果が出やすいことや、確実性が高いことが大きなメリットです。

一般的に育毛メソセラピーというと、毛髪に対する栄養成分を注入する治療となりますが、近年では成長因子を頭皮に直接与える方法が推奨されつつあります。
前述した育毛メソセラピーが2万円前後なのに対し、後述の成長因子を与える方法は数十万円から100万円を超える場合もあり、かなり高額な治療となりますが、より効果の高い治療法として注目されています。
成分内容の違いなどから以下の種類があり、処置法や費用・期間などに差があります。いずれも毛髪の成長因子を頭皮に直接与えるという内容は同じであるため、予算や期間に合った治療法を選ぶのが最適でしょう。

「HARG療法」
Hair(毛髪) Re-generative(再生) therapy(治療)の頭文字からHARGと名付けられ、その名のとおり、再生医療を薄毛治療に応用しています。頭皮に脂肪幹細胞から抽出した成長因子AAPE(幹細胞抽出増殖因子蛋白質)や他の栄養素を成分とするHARGカクテルという薬剤を注射します。
効果の出現:3~8ヶ月程度。5~10回程の通院・治療が必要。
費用:頭部全体の治療を行う場合、1回10万円程度、総額では100万円を超えることも。

「グロースファクター育毛療法」
発毛や育毛に必要なグロースファクター(成長因子)を直接頭皮へ注入して髪の毛を再生させていく方法です。
効果の出現:3~6ヶ月。その間定期的な治療が必要。
費用:1回の治療料金は5~10万円程度。10~20回程度の治療が要するため、総額では50~100万円程度。

「メソライン・ヘア注入療法」
成長因子成分が弱い分、補填するためにコエンザイムQ10・ヒアルロン酸・銅ペプチドなどの補助栄養素を含有。
効果の出現:3~5ヶ月。8回(1クール)で1~4回目まで1~2週間に1回、5~8回目まで2~3週間に1回。
費用:8回セットで10~20万円前後。